2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京の街が奏でる
小沢ゴトが終わった直後に、風間ゴトが入ったため書き損ねてた。
一応、書いておかねば。

小沢くん、「東京の街が奏でる」東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル
行った場所は新宿のオペラシティ。すごく綺麗なホールでした。しかも、この場所はドラマ等の撮影で使われることの多い場所だね(見たことあった)
中に入ると、近代的なオペラホールのような感じ。パイプオルガンもあった。
舞台の準備にスタッフが黒子の衣装で出てきてた。(本当に、黒子そのものの衣装)

今回の公演は12回で、それぞれ日替わりでゲストがきていて、ナレーションのようなものを、仰せつかって読み上げて始まる。
メンバーは、小沢くん以外はベースのキタローさんと真城さんと管弦楽の4人カルテットのみのこじんまりとしたもので、小沢くんはずっとイスに座って歌い続けた。3時間半から、3時間50分ほどって!(途中朗読入りだけど)
小沢くんは、前回のコンサートよりも綺麗に散髪したてで若々しかった。2年前はちょっと髪の毛長かった。

もう、内容は筆舌につくしがたく、濃厚だし幸せだったし、文章化しずらいのですが(むずかしいのよ)
「愛し愛されて生きるのさ」、の時に、バックに流れる27、8の頃の若い小沢君映像と目の前にいる、40半ばの小沢くんを見て「時間」というものを感じた。歌詞的にも。(別に見た目は変わってないんだけど自分も含め思い出もあり、時間が・・・たったなあってしみじみと)
「ラブリー」はいつものごとくゴスペルのようだったし(パイプオルガンがあるから余計に)、でもそのあとの「ある光」が今回の目玉だったと思う。ある光は、小沢君が姿をくらます(笑)ちょっと前に出た曲の中では、一番濃かった曲だと思う。でも、どこか悩みの晴れない曇天模様のNYのイメージな曲だった。それでも、十分好きな曲だったけど、今回の、今現在聞いた晴れやかなエネルギーのある「ある光」はすばらしかった。
小沢君はもう、雲隠れせず、定期的に活動をするんじゃないかなと、なんとなく思っている。
(速攻、コンサート終わったら外国行ったらしいけど)

小沢くんの曲も、歌も、考え方も、本当はこんなファンだけでとどめておくのはもったいないものだと思う。
今の時代にやっぱり世間に出すべきものだと思う。世の中にもっとこういうものを必要としてる人はいると思う。
本質的なもの。
でも、どうなんだろうな、それを歪みなく伝えるのは難しいのかもしれないけど、小沢くんがそこんとこをどうする気でいるのかわからないですが。このまま、限られた人だけが知ってるというのはもったいないのにな。

今回は、3月後半、4月中盤の2回行けて、実に満足でした。さて、買った小沢箱のCDをそろそろ聴き始めねば。
スポンサーサイト
さらに何か
前から予告のあった、小沢くんのサイトでの発表。
コンサートで発表した「シッカショ節」ダウンロードでした。(注:名前のとおり盆踊りチックな曲です(笑)。小沢くんが是非この夏の各地のお祭りで使ってくださいと推薦していた)
しかも、これ、投げ銭方式にするとかで、言わゆる「お代は見てのお帰りだい」ってやつですよね。
みなさんさっそく振り込みしたようで、しかも、ATMでむりくり電報みたいにメッセージを・・・。笑えるような泣かせるような。ワタシも近々やろうっと。なかなかいい音質でダウンロードできました♪
しかし、これ、税金とか、そういうの大丈夫なの?なんか、地方の金融機関にいきなり1件数百円の振り込みが一気になだれこんで行員さん大変なんじゃないの?・・・・ってことは小沢君はわかってるの?(笑)。


アリ天順調に進行しているようで、その上好評のようで大変楽しみです。早く週末になって!!
(月初より異動部署にてまた新しく覚えなきゃなことがやまずみで脳味噌がフル稼働です。まあ、こういうのは3カ月くらいしないとなにかと落ち着かないものだから地道にやるしかないですね)

あと、今日(昨日か)少クラプレミアムの収録だったようですね。国分くんの「タヒチ」に書いてありました。昼間のうちに収録だった、ってことかな?
雑誌も今月はW誌とP誌に載ってて久々。根拠はないですが、風間は、坂本くんのことかなり好きなような気がする。
そして、ちょっと見ないうちにヘイセイの子達が大人になってた(笑)早いねえ、よその子の成長は。
二度と戻らない美しい日にいると
えらい風雨のようですが、今日の福岡公演で小沢くんのツアーも無事終了。
私も、先日の京都公演で自分内ひふみよツアーを終えました。終わってからまとめて感想を書こうかと思ってたのですが、やっぱり書けないわ(笑)。筆舌に尽くしがたいものがある。言葉にするとどれも違う(笑)。

でも、前にも書いたように本当に幸せで楽しかった。会場のみんなこの瞬間が「二度と戻らない美しい日にいると」わかったうえで堪能できたと思います。
13年ぶりにやったコンサートで、まったく宣伝してないのに会場満杯で、客席は歌詞をばっちり歌えて、
(毎回ブギーバックのスチャダラのラップ部分は会場の客になげっぱなしで抜き打ちテストですか?!みたいな仕打ちでしたが、みんな歌えてるんだな、これが)10年以上やってなかったドアノックダンスも『OKよ!』の振りも予習無しで全部そろってできるんだから、小沢くんはこれ見てどうおもったんだろうか?
嬉しかったよね?!いや、嬉しくないはずないだろう?!ね?!
願わくば、もう、10年待たせるのとかは無しの方向で考えてもらいたい。
昔、小沢くんが会場のお客さんたちがすごくキレイだとよく言ってたけど、本当に会場の一体感こそが幸せを醸し出してるんだね。


最後の、京都公演はいつものごとくスチャ部分を客席が歌おうとしたときに、スチャダラ3人がブルーのツアーTシャツ着て登場。もう、会場の絶叫具合ってばすごかったです。まさかこの目でナマのスチャダラinのブギーバックを見れる日が来ようとは。夢のようなブギーバックでした。あの光景は私の記憶の中で家宝とします。
そもそも人前でこのメンツでやることが少なく、東京以外では京都が初だとか。(このあと高松でも来たらしいので今日も来てるのかもね)
最後のMCのときBOSEがブギーバックを見れたことに対して『真面目にやってたらいいことあるんだって思えたでしょ?』って言ったのが沁みた~。な、なんかBOSEもいろいろ日々しんどいのかな、と肩をたたきたくなったり。


ああ、小沢くんもこれでひとくぎり。次は風間のアリ天へなだれ込みです。充実してる気がします。ただ個人的に会社の異動の件がまだはっきりしてない状態なのでこれがなければもっとうかれっぱなしなのですが、そこはそうはいかないのが人生か・・・(笑)。
in神戸
先月行った以来の小沢くんのひふみよ。神戸。

なんとなく、横浜よりもコンサートの勘をとりもどしたような、というか、13年前のような小沢節なあおりが増えてきてたような気がする。
小沢くんも素敵だけど、昔からなんだけど、このお客さんとの一体感が異常なまでに高いのは何故なんだろう。それが幸福な気持ちを呼び起こすんだろうか。そういうところに小沢君が引きあげてるんだとは思うけど。

「呼んでくれたらまた来る」と言ってたけど。
・・・・・どうだかなあ。(笑)だって今までさんざんさあ・・・。
でも、是非その気になっていただきたい。いや、調子にのってくれるのならどんどん調子にのってください。

あ、最後のちょっとしたMCで、スカパラの方たちに自分たちの宣伝してって言ってるのに、いやいや・・と遠慮するようで、小沢くん曰く、『「謙虚」と書いてスカパラと読む』らしい。


ちょっとこんなようなことこないだかぜ気味で書いてたなあなどと思いながら、ホールを出るとき、アリ天のポスター発見。主催が同じだからかな。もらったチラシの中にもアリ天記事発見。チラシじゃなかったのが残念だけど。
ああ、自分内のすばらしいコラボにじーん。
ひふみよ 横浜
先日20日、13年ぶりの小沢くんのコンサートに行って参りました。最初は予定になかったのですが、ご縁と私の諸事情で行かせていただくこととなり。私としては生で見るのは球体が出たときにジャズテイストで回ったツアー以来。

しかし、この小沢コンの気持ちを集中したいこの当日に風間がらみの動きが激しすぎて、なんでかぶるんだよ!(怒)という気持ちの中、県民ホールへ。
入ったとたん、みんなが物販所へ殺到し、一気に長蛇の列でした。え?これは演舞場の写真物販?ぐらいの勢いでほとんど人が買う買う買う。まあ。わかるけど。




内容は、書きませんが。

本当に幸せでした。感動というよりも、心の底から幸せでした。

10年以上、何もない中で待ち続けた人が、こうして10年以上の空白を無駄にしてなかったんだと確信できるなんて、こんなに嬉しいことはないです。10年以上待った甲斐もあったと思える人だったことが嬉しいです。
細いジーンズでもぶかぶかなくらい華奢なのに、めらめらと熱情が燃えてました。ああ、こういう人だったなあと思い出しました。マグマのようにエネルギーが燃えてるんです。でも、表面的にはそんな感じはないんですけど。

夢中で見て歌ってあいの手入れて(笑)。こんなにブランクあるのに会場の一体感は半端なかったです。昔やったコンサートのときのお約束がそろうそろう。歌えるし(笑)。
始まりの時の観客の絶叫と拍手はすさまじかった。あの空気はすごいよ。どれだけみんながこの瞬間を望んでたか言葉じゃなくってわかりました。


2階席だったのですが、帰りに小沢くんのお父さんをお見かけした。多分親戚の方々も。子供も何人か。姪っ子甥っ子ってとこでしょう。2階正面は親戚席だったようですね。神奈川県民だもんね。あとから考えたらお母さんだったかも・・という方もいらっしゃったけど、ちゃんとチェックしなかった自分、ばかだ。
すいませんが、来月も行かせていただきます。
CalendArchive
プロフィール

つう

  • Author:つう
  • 風間俊介くんについてのblogです。でも、実際はドラマ話等多し。メールなどありましたらこちらまでどうぞ。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。