2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シアガ
シアターガイドが出てたのでチェック。
アリ天の広告は出てた。これ、やっと紙媒体で見た。坂本君の後ろの絵画がいまいちよく見えなかったけど、本だとちょっとはっきりわかりますね。この、風間はイイなあ。
稽古も始まったようで、なにより。

そして、ビリーバーも探すが広告らしきものがない。ビリーバー宣伝なさすぎて若干の不安が。
でも、チケットの発売情報みたいな、文字の羅列のなかにやっと発見。
そして、地方公演は大阪・愛知・福岡ってなってました。これが全部かどうかわからないですけど、多分これだけな気がする。まあ、これだけあれば多いほうですよね。日程は書いてなかったからまだ未定なのかも。


今期の水10の「mother」をずっと見ている。重くはあるが、先が気になるのと、もはやここまでか?ってとこでどうにか助けが入ったりするので、意外と見続けられてる。どうなるんだろう。登場人物それぞれの到着地点が気になります。
スポンサーサイト
販促ポスター
今日出かけたときJR難波駅周辺(ローカルですいません)がえらく変わっていてびっくりした。
某スーパーは入ってる、ホームセンターやら、本屋やらがどかんと入ってるビルがいつのまにやらできてました。
(今、梅田も大改造中ではっきり言って歩いてもどこがどこやらわかりません。大阪各地再開発真っ盛りです。)
で、その難波の新しいジュンク堂の地下がコミックコーナーでかなり広くて時間があるとき一度じっくり見てみたいなーと思って歩いていると、「ガラかめ」のポスターを発見。
マヤの絵とでっかく文字が。

『北島マヤの神降し』

すごい、キャッチコピー。写真撮りたかったけど人通りが・・・(笑)。
でも、これ、真髄かも。

ジュンク堂好きなので、新しくこの場所にできて良かった。

スマステのマイケル特集視聴。映画がますます楽しみです。
月イチゴローで、ゴローさんが沈まぬ太陽を絶賛していた。たぶん重いのわかりきってるので見るつもりはなかったのですが、ちょっと見てみたくなった。どうしようかな。
ボク月
僕の地球を守って略してぼく球。正しい略かどうかはわかりませんが、ボクを包む月の光なので略してボク月としときましょう。
この、ぼく球の続編が出て、最初の数冊を買って読んだまま放置していたら、いつのまにやら続巻が続いてて、今のところ出てる7巻まで一気に読みました。
面白かったーー。

かつて、どれほど僕の地球を守ってが好きだったことか。
この続編ではありすと輪くんの子供が主人公で、ぼく球連載当時から同じくらいの時間の経過後の話だと思うので体感時間が同じで、なんだか、登場人物たちが昔の話をなつかしくすると、本当にこちらも懐かしく昔を思い出して切ない気分になるという、絶妙なマンガですね。
最初の数巻は細かいエピソードの連続でしたが、5巻あたりからは大きな1本ストーリーになってて、日渡さん、あいかわらず素晴らしいです。
こんなに何年も経っているのに、芯がぶれないのはすごいことだと思います。
世代が変わることでよけいに深まってるのかもしれません。
シオンとモクレンの世代と、ありすと輪くんの世代、そしてその子供の世代に連綿と一本物語が通ってるのがね。
ぽろぽろ出てくる過去のエピソードを見ていると、ずいぶん何年も読み返してないぼく球をもう一回読み返したくなりました。うん、読もう。
これが噂の
Mステを見た。これが巷で噂の新ユニットなんですね。
中山くんはちょっと見ないうちに顔が一段と濃くなって(笑)。
よく考えたらこの子と大阪NHKホールですれ違ったんだよな。(カゴの時ね)
他の4人はわりと似たような感じの顔だちですねえ。5人ユニットね。
なんとなく、この5人と、ヘイセイの10人と、合わせて15人。これで「Y&J」みたいな合同FCを作る気なんじゃないの?って思ったり。
まあ、他人事なのでどうでもいいっちゃあどうでもいいのですが。


今月の雑誌は風間さんはおりませんでしたが、婚カツ記事に参加してました。貴重な茂木くん。
どうせなら猫抱き写真がほしかったが贅沢は言いません。
しかし、男子達にもあの腹筋写真が話題騒然だったのか?くいつきいいですねえ。腹筋については、女子より男子の方が興味あるもんなのかもしれませんね。
きっと来月のデビューで雑誌もいろいろ変わると思うので、(新しいユニットページが増えるってことは、どこかを減らさなきゃならないですからね。風間だけじゃなく悲喜こもごもはありそうな気がする)まあ、これも流れってものかもしれません。
上戸さんとうつってた写真が良かったなあ。素っぽかった(笑)。
訃報
お昼に知ったこのニュース。栗本薫死去。
愕然・・・。

謹んでご冥福をお祈りします。

でも、でも、こんな簡単に済ませられないショックです。
何年も前ですが栗本さんが乳がんになられた時があって、その時、もしかしたらグインサーガを最後まで読むことがかなわないかもしれない・・・とは考えたことはありました。
最近も闘病中みたいだったんですね。最新巻までの数巻分をまだ読み終わってないんですけど、心して読まねば。
ああ、でも、ある意味、わが青春の栗本薫と言っていいくらい好きだったのでショックです。
グイン・サーガ、未完。でも、栗本さんがあと数年も数十年もお元気で書き続けてももしかしたらグイン・サーガは終わらなかったかもしれないですね。それくらいどんどん長くなっていくんですもん。
ネバーエンディング・ストーリーだったのかもしれません。
今だって、最終地点が遥か向こうにしか見えない状態でしたからね。

しかし、タイトルだけは教えてくれていた、最終巻「豹頭王の花嫁」が読みたかったなあ。
グインの花嫁となるのは誰だったの?(確実に今の妻のシルヴィアじゃないよな)多分、あの人だとは思うけど、結果でなく、なぜそこに行きついたかを知りたいんだから、それを知ったからといってしょうがないか。
CalendArchive
プロフィール

つう

  • Author:つう
  • 風間俊介くんについてのblogです。でも、実際はドラマ話等多し。メールなどありましたらこちらまでどうぞ。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。