2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救命病棟24時
2013年の夏ドラマ。救命病棟24時、風間さんご出演ドラマが先日無事最終回を迎えました。
今までの救命から考えれば、ややのんびりしたトーンではありましたが医療ドラマとしては普通に面白かったと思います。広瀬先生は爽やかでかわいいし、「ほぼ風間くん」な役どころだったと思います。
多分、連ドラとして「初」ふつうの。ごくごくふつうの役でそれをまっとうできたのが良かったです。
とにかく、あ、ちゃんと普通の役をやれるよね!と納得できたので良し、です。
そんなに重要な立場の役ではなかったけれども、こういう役もたまにはあっていいと思うし、できるんだと確認できたのがなによりです(笑)。
でも、今は朝ドラ直後のプチバブル時期なのでこういうマスコットのような役に声がかかったのだろうなーと思っているので、また時間が立てばクセっぽい方面に振り子がむくような気はしてます。
多分そっちの方がより風間さん、なんだとは思うのですけど、長い役者人生にはクセのない役もあってこそかと。
今回医療もので白衣にカエルのボールペンを胸ポケットにという、萌えはありましたが、冷静に考えると近代的な医療現場の絵図らに風間さんは、さほどフィット感がなかったかもなーと思います。(フィット感があるのは蔵之介さんとかですよね、異常に医者役に似合ってます)風間さんは医者だとしても、あんなデカイ病院でなく町医者とか、無医村みたいな背景の方が似合いそうかな。
と、今回見てみて思いました。何事も見てみないとよくわからない。今後どんなお仕事の役をすることがあるかなあ。次は社労士ですね。
他を実際に見てみないとわからないけど、もしかしたら風間さんは「学校」という箱にものすごくフィット感のある人なのかもなと、今思っています。縁が濃すぎてわからなかったけど。最初にやったそれが最大の当たりだったりしてと思わなくもない。でも、これからいろんな職業にご縁があって、「これ!!」っていうはまり役がくるといいなと思います。

はまり役というか、当たりドラマに当たるのは至難のワザです。
その当たりくじを風間さんは、それ生きで引いたと思うので、そんなに頻繁に作品的大当たりはまわってこないと思ってます。(なんとなく、10年以上のヲタ生活での勘では)
でも、今までの出演作品それぞれ好きな点はあるし楽しめたわけで。いつかくるその大当たりの作品までゆったり待てばいいかなと。

風間くんは朝ドラを機に、やっと「俳優」という水面上に上がれたんだと思います。
それがどれだけ難しかったか、長くかかったかと思えば、もうヲタとしては広く俳優カテゴリー認識されることということで夢はかなったんです。
逆に言えば、ここさえ突破できれば、風間さんは勝手に自力で泳いでいけるタイプだろうと思ってました。が、なにせその「表舞台に出る」ということが難関すぎてどうしようもなかったわけですけど。
でも、今後はどこに風間さんが向かってゆくのか、眺めて楽しむ余裕ができるのかもしれないですね。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

CalendArchive
プロフィール

つう

  • Author:つう
  • 風間俊介くんについてのblogです。でも、実際はドラマ話等多し。メールなどありましたらこちらまでどうぞ。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。